イベリコレシピ

イベリコ豚ハンバーグバレンタインディナー



もうすぐ2月。
今年もバレンタインデーがやってきます。チョコレートをプレゼントするのではなく、何か目新しいことでパートナーを喜ばせたい!という方に、今回のレシピはおススメです!イベリコ豚のハンバーグミンチの素を使ってハートのハンバーグを作りましょう。
味付けはすでにしてあるので、ミンチを成型して焼くだけ。レアルベジョータのひき肉は旨味たっぷりでとても美味しいので、ソースは不要(画像はソースを添えています)。ハンバーグが美味しいので、肉料理はイベリコ豚にまかせましょう。
でも、一年に一度のイベントですから!肉の調理は楽をする代わりに、付け合わせを工夫しましょう。
ハンバーグの付け合わせの定番は、にんじん、ポテト、ペコロス。
今回は、イベリコ豚の旨味を生かすために、さっぱりした「にんじんとペコロスのアグロドルチェ」と、クリーミーな「ドフィノワ」の両方作ります。
アグロドルチェとは、イタリア語で「甘酸っぱい」という意味です。イタリア家庭料理で付け合わせに作られる野菜料理です。イベリコ豚の脂の味が美味しいので、バターグラッセではなく、さっぱりとして甘酢煮を添えてみました。ペコロスは、最近、小さなスーパーマーケットでも見かけるようになりましたので、是非作ってみてください。この付け合わせ料理はペコロスだけで作っても美味しいです。
ドフィノワは、フランスドフィノワ地方のポテトグラタンです。ホワイトソース不要の簡単なグラタンなので、こちらもトライしてみてください。ペコロスがさっぱり味なので、ポテト料理は濃厚な味にしました。

■材料2人分
●ハンバーグ
「イベリコ豚ハンバーグミンチの素」 300〜360g(1人150〜180g) / 薄力粉 少々

●にんじんとペコロスのアグロドルチェ
にんじん 1本 / ペコロス 8個 / 水 300〜400t / 酢 大さじ2 / きび砂糖 大さじ1.5 / 塩 少々 / レーズン、松の実 少々 / バルサミコ酢 少々

●ドフィノワ
じゃがいも 1個 / 生クリーム 適量 / とけるチーズ 適量 / 塩

●アスパラガス 2本

    ■作り方
  • 1.イベリコ豚ハンバーグミンチの素は解凍してハート型に成型して休ませておく。ハンバーグを焼く前に薄力粉を薄くはたく(割れるのを防ぐため。上手に成型できていれば手順を省いてもよい)。オーブンを190度に予熱しておく。
  • 2.にんじんとペコロスのアグロドルチェを作る。皮をむいたにんじんをハート型にくり抜き(型がなければ、一口大に切る)、ペコロスと一緒に、一度茹でこぼして臭みを抜く。お湯を捨てて分量の新しい水を注ぐ。目安は材料がひたひたになる程度。そこに、バルサミコ酢以外の材料を入れて火にかけ、やわらかくなるまで40分ほど煮込む。最後にバルサミコ酢少々を入れて味を決める。
  • 3.2を煮ている間にドフィノワを作る。この料理は、じゃがいものでんぷんでとろみを出すために、じゃがいもを切ったらすぐに調理することが美味しく作るコツ(水にさらすとでんぷんが溶けだしてしまうので、さらさない)。グラタン皿にバターを塗りつけて、皮をむいてスライサーでスライスした超薄切りのジャガイモを重ね入れ塩をふる。そこにひたひたになるくらいに生クリームを注ぎ、190度に予熱したオーブンで20分焼き、チーズを乗せてさらに5分焼く。
  • 4.3をオーブンに入れている間に、アスパラガスをフライパンに入れて、オリーブオイルをかけて塩をふり、強めの弱火でじわじわと火を通す。
  • 5.4の調理が終わったらフライパンをきれいにしておき、3のドフィノワのチーズを乗せたタイミングでハンバーグを焼き始める。片面が焼けたら裏返して、ドフィノワを取り出した後のオーブンに入れて7分ほど焼く。
  • 6.出来上がり!
  • ※ソースは、バルサミコ酢を煮詰めて赤ワイン、りんごジュース、フォンドボー、バターを合わせたソースです。市販のソースを煮詰めてもよいです。…が、何度も言ってしまいますが、ソースは必要のない美味しいハンバーグです!
  • ※オーブンがない場合は、ハンバーグはフライパンで両面焼いて中まで火を通してください。ドフィノワはオーブントースターでも作れます。その場合、焦げてきたらアルミホイルをかぶせてジャガイモに火が通るまで焼いて下さい。

イベリコ豚ハンバーグミンチの素の購入はこちら

一覧に戻る