イベリコレシピ

鶏鍋風イベリコ豚鍋

毎日、寒いですね。立春過ぎたとはいえ、立春は春を迎えるための始まりなので、まだまだ寒さは続きます。寒い日は、鍋料理や煮込み料理が恋しくなります。
さて、そんなわけで、今回は、シンプルに鍋料理のレシピです。豚しゃぶも魅力的だけど、今回は、味付きのスープで鶏鍋風に。
贅沢に、鶏がらスープをひき、イベリコ豚バラ肉を楽しみましょう。イベリコ豚を楽しんだ後のスープは、鶏の旨味と豚の旨味の相乗効果で美味しいスープに変身。〆は…もちろん、旨味たっぷりのスープでラーメンです。からだが温まります。
添える野菜は、クレソン!お鍋にクレソン?と思われる方がいるかもしれませんが、是非お試しください。これがまた美味しいんです。
鶏スープは時間がかかりますが、鍋に入れてあくを取ったら放置してOK。色々な料理に使えるので、この機会におぼえてくださいね!

●鶏スープ 材料) / 水 2L / 鶏ガラ 2羽分(手に入らない場合は、手羽元、手羽先を混ぜて12〜15本) / ネギ青い部分、生姜 各適量 / ニンニク 1片 / タマネギ 大1/2個(クローブがあれば2個をタマネギに刺す) / 人参 1/2本 セロリ 1/4本 / セロリの葉(あれば) / 干しシイタケ 1個 タイム、パセリの茎、ローリエ あれば適量 / 粒コショウ 小匙1 昆布 適量 / 酒、塩 適量(鍋のスープとして使う時に入れる)

    ■作り方
  • 1.鍋に水を沸騰させてから鶏ガラを入れて、再び沸騰してきたら水に上げ、出てきた血などをよく洗う。
  • 2.分量の水に1の肉と、昆布、酒、塩以外の材料すべてを入れて火にかける。あくを丁寧にとりながら、弱火で60〜90分ほど煮る
    (時間があれば90分は火を入れる)。
  • 3.火を消して昆布を入れ、20分ほど放置してからスープを濾す。塩と酒で味をつける。

※濾す時は、リードペーパータオルか布を通し、鍋から直接濾すのではなく、おたまやレードルを使って静かに濾す。
※具材を入れたまま冷やすと雑味が出てしまうので、出来上がったらすぐに具材を引き上げる。
※クローブを抜いたタマネギ、にんじん、セロリ、シイタケは、そのまま鍋の具とする。

●鍋の具材
材料)イベリコ屋豚バラスライス / 長葱、クレソン、エノキ、水菜、大根など
長葱は斜めに薄く切る。大根は拍子切りをさらに薄く。クレソンはマスト!

●ラーメン
鶏ガラスープか水を足して塩で味を直す。黒七味、柚子七味をかけて。
※途中でレモンを絞って味変もお試しください!

ご購入はこちら
イベリコ豚のバラ肉1kgのメガ盛り

一覧に戻る