最上級の上をゆく2%の奇跡
4年熟成「レアル・ベジョータ」
IFFA金賞受賞
イベリコ豚の日本輸入を実現
熱き日本人の功績を讃えるハブーゴ村
本物は、ゆっくり育つ
長期熟成で味わいを深めた至福の逸品
あなたの生ハムをキープしませんか?
ゲストをもてなすステータスの新基軸

日本初!イベリコ豚のルーツは
イベリコ屋にあり

本物を知る世界の美食家たちが、良質なイベリコハムの産地として認める、スペイン・アンダルシア州南西部にある『ハブーゴ村』。ここで豚肉の概念を塗り替える衝撃的な味と出会ったのが、1999年。当時、日本とスペインは食肉の輸出入に規制がかかっていましたが、イベリコ屋・先代社長の熱い想いと5年に渡る粘り強い交渉が実を結び、日本で初めてイベリコ豚の輸入を実現 !

日本におけるイベリコ豚の輝かしい歴史は、イベリコ屋から始まったのです。

COLUMN

  • 2019.09.19スペイン日記No.34 マラガの旅Part2

  • 2019.09.06スペイン日記No.33 マラガの旅

  • 2019.08.22スペイン日記No.32 グラナダの旅

  • 2019.08.08スペイン日記No.31 トレベレスの旅

「嵐にしやがれ」「行列のできる法律相談所」「ヒルナンデス」で
絶賛された生ハムをご賞味ください。

生ハム全体のわずか2% ! 旨みが深い4年熟成「レアル・ベジョータ」

“放牧”され、“どんぐりや自然の産物のみを食べて”育った、“100%純血種”のイベリコ豚を原料とした生ハムの原木に付けられる、最上位“ベジョータ”の証し、黒タグ。熟成期間は通常2年が多い中、イベリコ屋ではさらに上をいく4年熟成。その存在は生ハム全体のわずか2%!
スペイン王室献上品「レアル・ベジョータ」は、ごく限られた方たちだけが味わうことのできる奇跡の生ハムです。

こだわりについて

五感で味わい尽くす
スペインの至宝イベリコ豚

まろやかな旨みと深いコク、くちに広がるほのかな甘みが、世界中の食通たちを魅了し続けるイベリコ豚。
スペインの風土が生んだ至福の味わいを生ハムやステーキ、お寿司、お鍋など、
イベリコ豚を専門に扱うイベリコ屋、ならではのスタイルでお楽しみください。

時を重ねた、
塩とイベリコ豚

スペインの内陸部ビレナで2億4千万年前に結晶化した岩塩や、世界三大珍味・トリュフを岩塩とあわせた、薫り豊かなトリュフ塩など。イベリコ豚の旨みが際立つ、シンプルな味付けにこだわっています。

メニューについて

スペインの情熱を感じる、ワインとのマリアージュ

スペインの風土が生んだ至宝・イベリコ豚。
その魅力を余すことなく盛り込んだお料理の数々と共に、ぜひお楽しみいただきたいのがワインです。マリアージュの基本となる食材と同じ風土で育ったスペイン産のワインを中心に、フランスやアメリカ、チリなど、世界各国の銘醸ワインをご用意しています。

ドリンクについて

本物を知る大人のための私的空間

本場さながらの生ハムセラーがシンボリックな店内は、入り組んだ造りと控えめな照明が心落ち着く、隠れ家のようなプライベート空間。
本物の価値を知る大人だけが到達できる贅沢な時間を、大切な方とご一緒にゆっくりとお過ごしください。

エグゼクティブとの会食にも相応しい品格

スペインで直接、買い付けたアンティークな調度品と額縁に飾られた写真がアカデミックな印象の個室を完備。
大切なゲストの接待や食通の方を招く会食などに、本物を感じる、満たされる、特別な時間を用意して、皆さまのお越しをお待ちしています。

店舗について

SHOP INFOMATIOM

  • ROPPONGITOKYO

    ROPPONGITOKYO

    東京都港区六本木7丁目10-2 清水ビル1F 03-3401-2597
  • KITASHINCHIOSAKA

    KITASHINCHIOSAKA

    大阪府大阪市北区堂島1-3-3 北新地西辻ビル1F 06-6343-8129
  • SHINSAIBASHIOSAKA

    SHINSAIBASHIOSAKA

    大阪市中央区東心斎橋2-8-9 日宝コア笠屋町1F 06-6484-0016

#IBERICO-YA

オンラインストア ご購入はこちら IBERICO-YA ONLINE STORE