COLUMN年間10回以上読む人のためのイベリココラム

スペイン日記No.25 2019年 スペイン植樹ツアー

2019.05.09

イベリコ豚の森を守るための植樹ツアーに行ってきました。今回で5回目です。
今回のツアーは最多の11名の方が参加してくれました。本当に感謝です。
いつものツアーなんですが、旅行会社を使わずに自分で手配しているため安いのですが、実は結構大変だったんです。
個人旅行で旅券を取るときに11名と言う項目がなく、5名と6名でとると言うことで同じ飛行機に乗れるかどうかもわからないと言う状態で、かなりヒヤヒヤしました。

今回は成田からモスクワ経由マドリッド着です。トランジットをできるだけ短くしようと、1時間だけにしていたのですが、モスクワの荷物検査がかなりの大渋滞。
モスクワ経由はもう少し時間に余裕がないとなかなか厳しいものでした。(横から入りなんとかいけました)無事マドリッドに着きましたが、荷物が1つないと言う状態です。
去年も荷物が届かないと言うことがあり、その後の対処も慣れてきました(笑)

今回の1番の問題は、タクシーがストライキで動いていなかったことです。電車とバスを乗り継いで何とか無事ホテルに到着。
uverに反発しての業界のストライキと言う事でしたが、uverは普通に動いており逆効果なんじゃないかなと個人的には思いました。
今回はマドリッドでレアル・マドリードの本拠地の球場に行ってきました。ここの見せ方がとてもかっこよく、ピッチにも立て一緒に行った人たちみんな喜んでくれました。

その後、サンミゲル市場に行きスペインの中心駅アトーチャ駅からセビリアに新幹線で移動しました。新幹線内では、全員すぐに寝てしまいました。
次回はイベリコ豚とご対面と植樹活動のレポートになります。

選手のロッカールーム


選手のベンチ

サンミゲル市場

サンミゲル市場の生ハムサンド

マヨール広場の近くにあるマッシュルームと生ハムの端材をオリーブオイルで焼いたものです。有名店でガイドブックにものっています。

セビリアにつきまずは食事と言うことで、いつもとは違うレストランに行ってきました。ここはセビリアの中市街地からは少し離れている場所ですが、
値段もお安く大人数でも対応してくれたすごくいいレストランでした。11人で約40,000円。ツアー恒例の男気じゃんけんで決めました。

レンタカーを借りて2時間かけてハブーゴ村の牧場に。
ほとんどのイベリコ豚はいなかったのですが来週出荷するというイベリコ豚がいましたのでそこへ会いに行きました。
また少し小さめのイベリコ豚がいましてこれは来年度の出荷と言うことでした。


植樹活動もコルクの苗から植えていき、皆さんの食事のプレートを制作していましたので、それをつけてまた来年も来ようと言っていました。
去年も北方のコルクの木を見たのですがほとんど成長していませんでした(笑)

イベリコ豚ミュージック夜、フリオさんのコレクションの馬車の展示を見させていただきました。

ハリウッド映画のシャーロックホームズで使っていた馬車

アレハンドラさんが作ったイベリコ豚ローストポーク

その後、娘さんのアレハンドラさんが作ったイベリコ豚の料理を堪能してセビリアの街に夕方に戻りました。

セビリアの街では、地元の人たちで賑わうお店を紹介してもらいそこに仁間行きました。
フラメンコを見る人たちとホテルの人のほうに帰る人たちで別れセビリアの1日は終わりました。

生ハム工場の前でみんなで記念撮影

フリオさんの庭にあるゴルフ場で少しだけゴルフをプレイしました。

フリオさんと一緒によるのセビリアの街でx、地元の方がいくバル。
エビと小麦粉を上げたものが名物

次は、ビルバオの旅になります。

SHOP INFORMATION